忍者ブログ
YOBLOGWeb Designer YO's Meanderings
<< prev  [335] [334] [333] [332] [331] [330] [328] [327] [326] [325] [324]  next >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中国医学よりさらに古い歴史を持つインドのアユルヴェーダにあやかって?というか、インドカレーが恋しくなって、ジャガイモとナスのサブジを自作してみました。

「つづきを読む」へ・・・

インドカレーレストランではよくミールス(定食)なんかのツケあわせで出てくるサブジ。構成は基本的にカレーと同じなのでインドカレー味ですが、違いはトマトやタマネギをすりおろしなどのカレーベースを使わないところにあります。汁なしカレーといったとこでしょうか。

検索するといろんなレシピがでてきますが、どうやらうそ臭い内容のものも含まれるので注意が必要です。サブジの基本は油で蒸し煮すること。日本の方の料理ブログなんかには、「コレステロールが気になって水を加えました」とか「先に下ゆでした」とかかいてあるものもありましたが、本家は「食材」から出るいわゆる「アク」もそのまま、「スパイス」とミックスして蒸し煮することが基本のようです。

いろんな記事を参考にして、自分なりにこんな風に作りました。

ジャガイモとナスのサブジ

1.ジャガイモ2個、茄子1本を2-3センチの角切りにする

2.フライパンにオリーブオイルをたっぷり目に入れ、クミンシードを入れて細かい泡が出るくらいまで暖める。

3.ジャガイモ、茄子を投入

4.ターメリック、デリーのインド人がくれたカレーが美味しくなる不思議なスパイス(おそらくコリアンダーやクミンの粉を調合したものと思われます)を投入。そしてヨーグルトを大さじ2杯ほど投入。そして塩。

※知人のインド人に、ガーリックと生姜をひとかけ入れるとより美味しい、とあとでアドバイスを受けました。

5.蓋をしてみる。油で野菜を蒸し煮するのだ!という強い意志で臨みます。

6.下の方が焦げるので時々混ぜてみます。

7.ガラムマサラを投入し、完成。

参考にしたサイト
レシピ制作「古今東西 精進料理」の紹介
スパイスシンドール レシピ:「サブジ」ってなあに?
美味しい!食卓:ジャガイモとキャベツのサブジ
いするのレシピ:じゃがいもとカリフラワーのサブジ

デリーのインド人がくれたカレーが美味しくなる不思議なスパイス


今回初めて、インド料理が納得の味にしあがってとってもうれしかったです。野菜しか入っていないのに、おなかにどっしりくるボリュームになります。こりゃーベジタリアンでも生きていけるぞ!っていうガツンとしたお味。油は多めですが、オリーブオイルなのでそんなに気にしなくても大丈夫ではないかと。冷めても全然味が変わらないのでお子様のお弁当にオススメ!少しのおかずでごはんがすすみます。

ううむ、これでインドへ嫁にいけるでしょうか・・・偉大なる第一歩です。


以上8日目のお弁当報告でした。ちなみに7日目はこちら。↓

7日目:エビのトマトチャーハンと残り物のおかず

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

※コメントは管理人の承認後に表示されるよう設定を変更しました。
宣伝を含む内容のコメントは表示しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

おぉサブジ!
サブジがわからず検索したらヒットしました♪昔のエントリーにコメントしてスミマセン。
今度仕事で出会う事になったサブジ。。。楽しみです!
先日、世界ふしぎ発見でインドをみて、街中を歩くゾウに乗りにいきたくなりました〜(ハート)
louis 2010/02/23(Tue)12:26:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
 
Sponsored Links
Links
相模原市橋本 ボブイングリッシュスクール(BES英会話)
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者ブログ [PR]