忍者ブログ
YOBLOGWeb Designer YO's Meanderings
<< prev  [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131]  next >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ボルネオ島のジャングルの奥地に生息する絶滅危惧種の猿、Proboscis Monkey。芥川龍之介の小説「鼻」の和尚のイメージとぴったりだったのでオドロいた。世の中にはまだまだ見たこともないようなものがたくさんあるのだなー。
大きな鼻を持つのは雄で、雌のものは雄と比べると小さいそうです。食べるときは鼻を持ち上げて、食物を口に運ぶらしい。何のための鼻なのかは不明ですが、怒ると赤く腫れて、吼えると大きな音を出すそうです。鼻がでかいほうがモテるとか。へぇ~へぇ~へぇ~。
Proboscis Monkey のイメージ検索結果
BBC:The Life Of Mammals
(via) Ugly OVERLOAD: No Accounting for Taste

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

※コメントは管理人の承認後に表示されるよう設定を変更しました。
宣伝を含む内容のコメントは表示しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

無題
芥川の鼻って、鼻を蒸したり揉んだりしてアブラを搾り出して、鼻が一時ちっちゃくなるんですよね、確か。ほんとにこのイメージです。
この鼻のデカさって、何か生物学的な意味があるのかしらね。でもちょっとこれはやりすぎよね。
amaguri 2006/10/22(Sun)01:00:52 編集
Re:そうそう
たしか小坊主が和尚の鼻を足で踏むと、毛穴から白い角栓がにょろにょろっとでてくるとかいう場面があったような。
やっぱ雄のシンボルなんですかねぇ、この鼻。何の業によるものなんでしょうかねぇ。不思議。
【2006/10/22 01:11】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
 
Sponsored Links
Links
相模原市橋本 ボブイングリッシュスクール(BES英会話)
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者ブログ [PR]