忍者ブログ
YOBLOGWeb Designer YO's Meanderings
<< prev  [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279]  next >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『カレーを手で食べる会』ついに開催

週末は「インドカレーを手で食べてみたいけど、恥ずかしいからもじもじしてる人、集まれ!! 」をスローガンに『カレーを手で食べる会』を開催いたしました。場所は日本におけるインド料理レストランのさきがけナイルレストランです。

とりあえず「集まれ!」と声をかけてみたところ、なんだかよくわからないまま12名の恥ずかしがりやさん達があつまってしまいました。人は皆、潜在的に「インドカレーを手で食べてみたいものだ」という満たされない思いをココロのどこかに抱えているようです。

「つづきを読む」へ・・・

なんだかよくわからない縁で終結した12人の「もじもじしていた」人々は一路晴海通りを南下しナイルレストランへ。そしてなんだかよくわからないままナイル店長と記念写真を撮って、12皿の名物ムルギーランチをオーダーしました。

さらさらのルーに柔らかーく煮込まれたチキン、その上にはマッシュポテトとキャベツがのっていて、ごはんはサフランライスです。このコンビネーションが絶妙!!さらに、このムルギーランチを本場インド人がやるように手でコネコネしてお口に運ぶと、スプーンですくったときとは違うマイルドさが生まれます。

混ぜれば混ぜるほどおいしいというムルギーランチ。日本食では、ごはん、味噌汁、おかず、漬物などをちょっとづつ口に入れて、口の中でミックスさせて味わう「口内調理」という文化がありますが、それに即して考えるとインドカレーは「指先調理」の文化といえるでしょう。

ここナイルレストランのカレーは結構辛かったです。しかも時差があって辛さがあとから押し寄せます。ホントにスパイスが好きで、インド料理レストランにこだわりのある人にオススメ。満足できると思います。

手でカレー初心者のメンバー達はナイルレストラン3代目善己さんの指導をうけ、カレーの熱さに身もだえしつつ右手を皿の中に投入!12人の仲間といっしょなら、「あ、あそこの机の人、手で食べてるよ」などささやかれたってへっちゃらなのです。

そして「昼飯にインドカレーを手で食らう」というひとつの目的を達成した12人は、黄色く染まった指先をさりげなく臭いながらそれぞれの帰路についたのでありました。

伝統の味、銀座名物ムルギーランチ



ナイルレストラン
http://www.ginza-nair.co.jp/index.html
ナイルさんのカレー天国
http://www.brutusonline.com/brutus/regulars/curry/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

※コメントは管理人の承認後に表示されるよう設定を変更しました。
宣伝を含む内容のコメントは表示しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
 
Sponsored Links
Links
相模原市橋本 ボブイングリッシュスクール(BES英会話)
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者ブログ [PR]