忍者ブログ
YOBLOGWeb Designer YO's Meanderings
<< prev  [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491] [490]  next >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16世紀に記された「針聞書」という医学書のなかで、人間の体に病気を引き起こす想像上のムシ(今で言うところのウィルス?)について詳しく解説されています。こちらは腎積(じんしゃく)といい、このムシが病気を起こすと口が臭くなるらしい。そんなのいやだ。

詳しくはこちらで:九州国立博物館:収蔵品ギャラリー
via:Mythical 16th-century disease critters

::YOBLOG過去記事・ムシ::
ムシ・アート ムシ・アート2 ムシ・アート3 バグのデータベース ゴキブリポイポイDX戦国
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

※コメントは管理人の承認後に表示されるよう設定を変更しました。
宣伝を含む内容のコメントは表示しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

虫スゲー
なんと味のある虫たちよ・・・。
こんなふざけたものを展示してる九州国立博物館、ステキですね。
「陰虫:男女和合の時に出る虫」って、えぇっ!?
どっちのどこから出てくるんだ、と、余計な想像力をかきたてられます。。。
amaguri 2008/03/27(Thu)22:12:01 編集
Re:虫スゲー
さすが、目の付け所がちがいますね。
日ごろの悪事を閻魔大王に告げ口するヤツとかなんとか・・・
かなりウィルスの域を超えていますね。

昔のヒトはたいしたもんだ。
【2008/03/30 01:31】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
 
Sponsored Links
Links
相模原市橋本 ボブイングリッシュスクール(BES英会話)
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者ブログ [PR]